芦屋市で債務整理の法律相談に強い弁護士を紹介

終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。家族に知られずに借金問題を解決
終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。家族に知られずに借金問題を解決

芦屋市の方が選ぶ「債務整理」に強い弁護士・法律事務所

当サイトでは、芦屋市で債務整理を考えている方からの無料相談を受け付けています。一人で悩んでいても解決は難しいため、まずは専門家への無料相談から始めてみてはいかがですか。また芦屋市での債務整理に関する口コミなどもご紹介しているので参考にしてみてください。

債務整理について

払えない借金を抱えているほど大きなストレスはありません。ストレスの大半はお金に関することだと言われており、特に大きなストレスとなるのは借金です。借金をするほど、それ以上を返済しないといけないのがローンの仕組みです。ローンやクレジットカードを使いすぎて返済ができなくなった場合は、もう無理な借金を繰り返さないと心に誓ってから債務整理をしましょう。
日本という国は借金返済ができなくなっても、債務整理という法律が守ってくれます。どのような理由で作った借金であっても、減額またはゼロにすることができます。返済できない借金に対しては、債務整理以外の解決策はありません。

芦屋市の債務整理に関する口コミ

<男性>家族に内緒で借金を重ねていて、返済に困るようになり債務整理を考えたのですが、家族やご近所にばれては大変なのでなかなか兵庫県芦屋市周辺の自宅近くの法律事務所などには相談に行けずに悩んでいました。
でも、こちらなら家族やご近所にもばれずにこっそりと債務整理の手続きができて、今では借金から解放されることができました。

<男性>借金地獄の生活は本当に辛く、債務整理をする事によって抜け出すことができました。
芦屋市で弁護士の無料相談があり、親身になって相談に乗ってくれました。自分一人では解決できなかった事も、弁護士の方のサポートで乗り越える事ができました。不安な日々から、普通の生活を取り戻すことができ感謝しています。債務整理で、自分の気持ちもスッキリとできました。

<男性>脱サラをして大学でもう一度勉強したいと思い、入学金やらでお金が必要になりお金を消費者金融から借入れることになりました。バイトをしながら大学に通いましたがそれでも生活費が足りずにキャッシングなどを利用しました。返済が追い付かず借金が高額になってしまいました。友人に打ち明けると、法律事務所があるから相談した方がいいと勧めてくれて、訪ねたところ、債務整理を勧めていただきました。任意整理をしたことで、元金のみの返済になったのですごく気持も楽になりましたし、返済の計画も立てやすくなったので相談してよかったです。

芦屋市の法律事務所、司法書士事務所一覧

兵庫県芦屋市は、兵庫県南東部に位置する市で、高級住宅街として全国的にその名が知られています。
瀟洒な街並みを配していて、北には六甲山があり南に大阪湾を臨めるので、恵まれた環境にある地です。
豊かな自然と共に、緩やかに傾斜した地形が美しいことから、国際観光文化都市に指定されています。
兵庫県では二番目に面積が小さいのですが、美しい景観と温暖な気候なので住みやすい街です。
中心となる駅はJR芦屋ですが、阪神芦屋駅や路線バスもあり、市民の足としてしっかり機能しています。

弁護士法人オーシャンズ総合法律事務所
住所:〒659-0087 兵庫県芦屋市三条町36-18 OCEANS TERRACE
高麗橋総合法律事務所
住所:〒659-0082 兵庫県芦屋市山芦屋町17-7
杉島総合法律事務所
住所:〒659-0016 兵庫県芦屋市親王塚町9-8

債務整理のメリット・デメリット

債務整理のメリット

①借金の減額や利息のカット、返済の免除が受けられます。
債務整理をおこなうことで、今、抱えている借金を減らすことや0円にできる可能性があります。
借金が減額や利息のカット、免除を受け借金が0円になることで、現状よりも金銭的余裕がある生活を送れることになり、気持ちが落ち着き、生活にプラスな面があります。

②一定期間支払いをしないで済む。一時的に督促や取立てをストップできる。
弁護士にご依頼後、債権会社に受任通知を発送し取立てを止めることができます。
受任通知が届くと債権者は直接債務者に連絡をすることができなくなります。取立てが止まりますが、会社や家族に借金のことを知られることはないので、気持ちにゆとりが生まれ、返済の不安もなくなります。

債務整理のデメリット

①信用情報機関に債務整理の事実が掲載される。
債務整理をおこなうと、信用情報機関に債務整理の事実が登録されます。銀行、クレジット会社、消費者金融などは、信用情報を見てお金を貸しているので、借り入れが難しくなります。ブラックリストに載ると表現した方がわかりやすいかもしれませんね。

②5年から10年は借り入れができなくなる
任意整理の場合、約5年間ブラックリストに載るといわれており、その間は新たにクレジットカードを発行したり、家や車のローンを組んだりすることが難しくなります。
ただ、滞納してしまうだけで事故情報が登録されます。債務整理をしなくてもブラックリストに載る可能性は十分にあります。
また、債務整理によってブラックリストに載るとしても永遠に載るわけではありません。
登録期間が過ぎれば、再びクレジットカードを発行してもらうことやローンを組むこともできますのでご安心ください。

債務整理後は生活にどのような影響を与えるか?

債務整理をおこなうと、利息のカットや借金を減らせることができますが、さまざまな観点から生活に影響が出るかもしれません。
債務整理後の生活にどのような影響があるのかご説明します。

Q.クレジットカードが使えなくなる?

A.事故情報が登録される期間は5年~10年程度です。原則的にクレジットカードの使用や新たなカードが作れません。しかし、債務整理をおこなえば新たに借金を重ねる心配がほとんどないため、生活の立て直しにはとても有効といえるでしょう。
インターネットの普及で、クレジットカードがない生活を不便に感じられる方もいらっしゃると思います。
そのような方は、現金チャージができるデビットカードを作ることで、カード決済と似た決済方法を利用することができます。以下のようにクレジットカードと似た機能を持つカードを利用することで、デメリットを払拭できことになります。

デビットカードは大きく分けて2種類あります。

  • キャッシュカードをデビットカードとして使える「J-Debit」
  • クレジットカード会社が発行する「国際ブランド付きデビットカード」

デビットカードの種類

Q.家や車などの財産はどうなる?

A.家や車などの財産を処分することになるかは、どの債務整理手続をおこなうかによって異なります。

任意整理の場合

家や車を残しつつ借金を減らすことが可能です。
ローンの返済途中の状態で、家や車のローンに関与する業者と交渉をおこなうと手放すことになります。
しかし、任意整理の手続きは、交渉する業者を選ぶことができるので、家や車のローンに関与する業者を交渉の対象から外すことで家や車を残すことができます。

個人再生の場合

すでにローンを完済していれば、家も車も維持することができる可能性があります。
住宅ローンを返済中の家についても、住宅ローン条項(住宅ローン特則)を定めることによって、住宅と住宅ローンを除いて個人再生ができるため、手放さなくて済む可能性があります。
一方でローン返済中の車は、ローン会社に引き上げられてしまいます。
ローンが残っている車に関しては、親や親族、友人などの第三者の方にローンを返済してもらってから自動車を買い取ってもらい、その方から自動車を借りるという方法により事実上車を維持することが可能になります。

自己破産の場合

家や土地の不動産に関しては、ローン残高の有無にかかわらず、すべて手放すことになります。
車は、ローン返済中であれば処分の対象となります。
自動車ローンを完済している場合も、換価売却時の査定が20万円以上であれば処分されます。逆に20万円以下であれば、手放さずにすむ可能性もあります。
自己破産については、すべての財産が没収されてしまうと思われている方も大勢いますが、決してそうではありません。100万円未満の現金や電化製品など、生活する上で最低限必要な財産は残せるのでご安心ください。

Q.債務整理をしたことは家族や会社などに知られる?

A.基本的に知られることはありません。
家族や会社、友人からお金を借りている場合、任意整理であれば整理する相手先を選ぶことができます。
弁護士にご依頼をしても、基本的に家族や会社、友人などに知られることはありません。弁護士には守秘義務があります。弁護士に依頼することで、金融会社から嫌がらせを受けることもありません。
ただし、債務整理に関係する書類などを家族や会社、友人などに見られてしまえば、債務整理したことを知られてしまうので、書類の管理には十分注意が必要です。
(任意整理は自分が話さない限り、第三者に知られる心配はありませんが、個人再生や自己破産は官報に掲載されるので、必ず知られないとは言い切れません。)

Q.債務整理をおこなうことで、家族に影響がでますか?

A.債務整理をおこなったとしても家族への影響は考えられません。夫婦でも信用情報は別に記載されています。ですから、親や子供に影響を与えることはありません。
しいて言うなら、自己破産をおこなった場合に今まで住んでいる住宅や通勤通学などで使っていた車を手放すことで、家族に不便をかけることになります。自己破産や個人再生は一緒に住んでいる方に事実を伝えて、協力を求めることでスムーズに進みます。

Q.債務整理をすることで就職に影響はありますか?

A.債務整理が就職・転職活動に影響することはありません。
なぜなら、債務整理は賞罰でありません。履歴書や面接で先方に教える義務は一切ありません。

債務整理にかかる費用

弁護士に債務整理を依頼すると、次のような費用がかかることになります。

  • 相談料
  • 依頼時の着手金
  • 手続完了後の成功報酬
  • 印紙代・切手代
  • 申立事務手数料

法律事務所によって費用ごとの呼び方が異なります。借金に関する相談料が無料なケースもあります。また債務整理の手続により、かかる費用が異なります。ご依頼前にしっかり確認することをお勧めします。

債務整理のご相談を早めにしてもらいたい方

  • 毎月の返済が辛い方
  • 長い期間金融機関からお金を借りている方
  • 借りては返すを繰り返している方
  • 家族や会社に知られずに借金を返したい方
  • 債務整理がわからない方
  • 任意整理がわからない方
  • 民事再生や個人再生がわからない方
  • 自己破産がわからない方
  • 借金の解決方法がわからない方
  • 借金から身を引きたい方

※債務整理のご相談は専門家に直接聞くのが一番だと思います。間違った知識をお持ちの方が多く存在します。債務整理に関するご相談は無料です。借金生活から身を引き新たな再出発を一緒に考えましょう。

よくある債務整理の質問

質問
  • 弁護士や司法書士が沢山あるので、どこの事務所が自分に合っているのか分からない。
  • 債務整理をすることで今後起こりえる影響はどのようなことか教えてもらいたい。
  • 債務整理後にクレジットカードを作りたい。取得方法は有りますか。
  • 債務整理後に家族に起こる影響は。
  • 債務整理後、ブラックリストから外れるのはいつからですか。
  • 金融会社におまとめローンの申し込みをしたら、債務整理に回された。
  • 債務整理をすると住宅ローンを組む時に影響はありますか。
  • 債務整理をすると同居している彼女に何らかの影響が出ますか。
  • 親に内緒で借りた借金を債務整理すると、一緒に住んでいるので影響を与えてしまうのか不安です。
  • 債務整理をする場合、保険を解約しないとだめですか。
  • 親が債務整理することで子供に影響はありますか。
  • 一般的には、このような質問をお請けしますがベストパートナーではお客様一人一人に合った債務整理方法をご提案いたします。

    お問合せと債務整理の流れ

    苦しい返済からの解放。
    面倒な手続きは全てお任せください。