羽曳野市の自己破産 無料診断受付中 | 費用の分割払いも可能

借金をすべて精算してゼロからやり直したいという方には自己破産という解決方法がオススメです。

当サイトでは、羽曳野市で自己破産を考えている方からの無料相談を受け付けています。一人で悩んでいても解決は難しいため、まずは専門家への無料相談から始めてみてはいかがですか。また羽曳野市での自己破産に関する口コミなどもご紹介しているので参考にしてみてください。

自己破産について

借金をしたけども、勤めていた会社が倒産してしまった場合や、親の相続をしたら大量の借金があり、それを引き継がなければならなくなった場合には、返済することができない可能性があります。もし返済することができなければ、身の回りにある財産全てを奪われる可能性があるでしょう。
そこで、自己破産をすることで、一定の財産を手元に残すことができます。少なくとも生活に必要なものは手元に残しておけるのが自己破産のメリットです。自己破産の制度は憲法25条によって定められたものです。それ故、免責が下れば、最低限の生活は保証されます。

自己破産での口コミ

<女性>大阪府羽曳野市に住んでいます。保証人になってしまい、こちらが支払う義務が発生した事で、誰にも相談する事ができずに、返金と日々の生活のために借金をしていました。限度額いっぱいまで借りており、返す事が難しくなってしまったので、自己破産の手続きを開始しました。催促の電話は日々の生活でかなり大きなストレスとなっていましたが、なくなった事で、生活が楽になってきました。

<男性>何気にキャッシングをしたところから気づけば借金は膨れ上がり、家族や友人に知られたくなくて、誰にも相談できませんでした。しかし、自己破産だけは何とか避けたいと思い、羽曳野市にある法律事務所に相談しました。そこを選んだ理由は債務整理に強いという口コミを見たからでした。担当の弁護士さんは親身に相談に乗って下さり債務整理の結果、借金を減額することができました。月々の返済が楽になりとても感謝しています。

羽曳野市の弁護士事務所一覧

羽曳野市の冬の風物詩、それは12月に開催される『市民マラソン』。老若男女を問わず幅広い世代が参加する、1.5km〜8kmの距離を走る市民参加型のマラソン大会です。石川河川敷の自然を楽しみながら、市民の健康増進にも寄与している大会です。参加条件は市内在住、在勤、在学者のみ。河川敷でのマラソン大会なので寒風を遮るものもなく、待ち時間などは寒さが身にしみますが、マラソンを通しての交流の場となっています。

重松司法書士事務所
住所     〒583-0865 大阪府羽曳野市羽曳が丘西3丁目5−33
司法書士法人南大阪法務コンサルツ
住所     〒583-0857 大阪府羽曳野市誉田3丁目10番22号
羽曳野法律事務所
住所     〒 583-0852 大阪府羽曳野市古市4-1-1 スワンライズビル5階A号室

お問い合わせの流れ

  • 1.無料相談

  • 2.借入金の再計算

  • 3.金融業者との直接交渉

  • 4.今後の返済方法についての説明