長岡市で自己破産の法律相談に強い弁護士を紹介

終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。自己破産はゼロから新しい生活をやり直すための法的手段です。
終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。自己破産はゼロから新しい生活をやり直すための法的手段です。

長岡市の方が選ぶ「自己破産」に強い弁護士・法律事務所

当サイトでは、長岡市で自己破産を考えている方からの無料相談を受け付けています。一人で悩んでいても解決は難しいため、まずは専門家への無料相談から始めてみてはいかがですか。また長岡市での自己破産に関する口コミなどもご紹介しているので参考にしてみてください。

受付時間 10:00~20:00

自己破産について

自己破産については、インターネットやテレビなどで取り上げられることが多く、メリットなどについても良く知られています。しかしながら、デメリットについてはあまり知られていません。
自己破産を申し立てて、裁判所から免責がおりるまでの間、債務者は遠方へ出かける際、裁判官の許可を得なければならないことになっています。これは、裁判所が選任した破産管財人と常時連絡を取るための処置ですが、海外への仕事がある人などにとっては、大きなデメリットになります。
これらのデメリットがありますので、自己破産をする前に確認が必要です。

長岡市の自己破産に関する口コミ

<男性>自己破産をすると基本的に全ての財産を処分する必要があります。私は複数のカードローン会社から多額の借金がありました。債務整理をすると信用情報機関に登録されます。しかしあまりに負担が重いので、新潟県長岡市の法律事務所に依頼して自己破産をすることにしました。債務の返済を求められることがなくなり、生活保護の受給申請もできるようになったので良かったと思います。

<男性>自己破産は弁護士に任せると、意外と簡単に行うことができます。破産をすると人生が終わるなどと言われていますが、まったくそんなことはありませんでした。実際に長岡市で自己破産をしたのですが、債務がゼロになって取立てがストップするメリットは絶大です。800万円ほどあった債務はゼロになり、支払いは弁護士費用だけになったのです。

<男性>私は長岡市在住の独身男で、パチンコと競馬にのめり込んで自己破産にまで追い込まれてしまいました。
まとまったお金が必要な時はいつもクレジットカードを利用していましたが、自己破産後は手持ちのクレジットカードがなくなります。
カードローンを利用できないのは自分にとって大きな痛手で、お金を使うのを我慢するのはストレスが溜まって精神的負担は大きいです。

<女性>長岡市在住の自分は非正規雇用であることもあって収入が少なく、生活費の不足を補って借金を重ねているうちにその支払いに追われることになったのです。しかも収入が一定していないことも関係し、とうとう自己破産することになりました。しかし幸いなことには、長岡市で自己破産に詳しい法律の専門家に出会ったため、すべてを任せて生活を立て直すことができました。自己破産は自分で考えていたよりも悪い道ではなく、助かりました。

<男性>資産を増やす目的で始めた株式投資でしたが、大損してしまい資産を増やすどころか借金が膨らんでしまいました。どうにもこうにもいかなくなり、長岡市にある弁護士事務所に相談しました。ギャンブルで作ってしまった借金は免責がおりないと聞き不安でしたが、弁護士さんの力添えで自己破産が可能となりました。自己破産の手続きもスムーズに行ってくれ、大変助かりました。毎月の請求書が来ない生活がどんなに楽が身に染みてわかりました。

<男性>自己破産をするまえに、まずは自己破産の経験者からの意見を参考にすることを忘れてはいけません。周りには経験した人がいないといった方でも、近年ではインターネットで簡単に口コミの情報を手に入れることができます。
長岡市に在住の方でも、全国の経験者の声を知ることができます。また相談できる法律事務所などの検索やランキングも確認できますので、一人で悩む前にインターネットをうまく活用し、きちんと相談してから決めることが重要です。

<男性>長岡市で自己破産をしたのですが、思ったよりもスムーズに進んで驚きでした。
自分は素人ですから専門家に手続きを進めてもらったというのはあるにしても、ほとんど何もすることなく自己破産が認められて借金がなくなったので、こんな簡単で良いのだろうかと思ってしまったほどです。
今では借金から解放されて、催促に負われることもない平和な毎日を過ごせています。
自己破産をすることに悩みもありましたが、今はして正解だったと感じています。

<男性>いろんな所からの借金を積み重ね、自分ではどうしようもないぐらい借金額が膨らんでしまいました。
電気や水道も止められ、いよいよ野宿しなければいけないと思い始めていた頃、知人から長岡市にある弁護士事務所へ相談に行く事になりました。
弁護士さんはとても親身に話を聞いて下さり、私と一緒に最善策を考えて下さいました。
借金の額が多いだけに自己破産の手続きをする事になりましたが、不思議と絶望感は無く、ようやく借金から逃れられるという安堵の方が大きかったです。
今は質素ですが人並みの生活を送る事が出来ており、弁護士さんや紹介してくれた友人に感謝しています。

<男性>長岡市で一戸建てを建設しましたが、住宅ローンがかなり残っているのに、仕事がうまくいかずローンの支払いができなくなりました。
家族に迷惑をかけたくなくて、複数の消費者金融からお金を借りてやり繰りをしていましたが、自転車操業のような生活ですぐに追いつめられました。
取り立ても厳しく限界を感じたので、自己破産の手続きをしたら、取り立てがなくなりました。
家を手放すことになりましたが、家族と協力してやり直せる今に幸せを感じています。

<男性>借金のことで悩んでいてこれ以上どうすることもできないと思ったときに、長岡市の弁護士に相談をしてみることにしました。
とても親身になって相談に乗ってくれて、自分の置かれている状況だと自己破産をするのが一番いいと勧めてくれたのです。
メリット・デメリットともにわかり易く説明をしてくれたことから、不安なく自己破産をすることができました。
自己破産が認められた後はなにか生活に支障が出ることもなく、借金がなくなった分だけ楽になりました。

<男性>恥ずかしい話ですが、学生時代からギャンブルが大好きでした。競輪、競馬、パチンコとそれこそお金を賭けまくって遊んでいました。ギャンブル資金を稼ぐためにアルバイトも熱心にこなしていたほどです。会社に就職してからというもの、なまじ収入があるだけにのめり込んでしまって、給料で足らない分は消費者金融から借り入れていました。返済のために、さらに別の業者から借り入れましたので、雪ダルマ式に借金が膨れ上がっていったのです。気がつけば400万円を超える債務ができており、返済不能と判断して地元長岡市の弁護士に相談しました。即、自己破産をすすめられ手続きをお願いしたのです。これで気が楽になりました。

<女性>長岡市に住んでいた当時毎月の給与以上に贅沢な生活をしており、それお金を捻出するために多くの会社から借金をしており、返済が迫るたびに金策に走り回っていましたが、この状況から抜け出るために専門家からの適格なアドバイスを受けることができとてもよかったです。専門家に相談する前は自分の借金の具体的な内容を理解していませんでしたが、当時自分が思っていたよりも大変な状況で、そして具体的な借金総額など説明を受けその上で自己破産のアドバイスをうけしっかりと手続きができ今ではとても感謝しています。

<男性>長岡市在住のサラリーマンです。先日自己破産のための手続きをしました。私は以前からカードローンを利用していたのですが、返済の度に別のカードローンからの借り入れを繰り返して、とうとう返済ができなくなってしまったのです。裁判所への手続きは法律事務所に依頼をして、費用は総額で50万円ほどかかりました。月々2万5千円ずつの分割払いで返済していく予定のため大変ですが、借金から解放されて良かったと満足しています。

<男性>長岡市で酒屋を経営していましたが、近隣に大型スーパーが出来てからは売上が落ちて生活費を消費者金融から都合してもらっていました。気が付くと元金が500万円を超えており、返済が不可能だと感じたので弁護士にお願いして自己破産の手続きを取ってもらいました。酒屋の建物と土地の処分など事務手続きをすべて引き受けてくれたので、簡単に借金から解放されたのが嬉しかったです。現在は生活保護を頼りに妻と4人の子供達とで平和に暮らしています。

<男性>借金問題を片付けるには自己破産しか無いかと悩んでいたのですが、なかなか踏ん切りが付きませんでした。
そのような時に長岡市で力になってくれる弁護士を紹介してもらったことで、ようやく決断をすることができたのです。
自己破産に関するメリットとデメリットをわかりやすく、説明してもらうことができたので、不安が一切なくなり後はこの人に任せようという気持ちになりました。
その後は無事にことが運び、借金の悩みにケリがついてホッとしています。

<女性>急な出費があったり食費が足りない月に、安易に借りていたカードローンの返済がいつの間にか莫大な金額になっていました。ドラマなどでよく見る光景が、まさか現実にあってそれが自分だなんて信じられませんでした。
精神的にも追い詰められ、うつ病で働けなくなり自己破産を決意しました。とにかく現実が辛かったので自宅がある長岡市で有名な専門の事務所に相談して、後は全てお任せです。後悔は山ほどありますが、借金が整理できたことで心が落ち着きました。

長岡市の法律事務所、司法書士事務所一覧

長岡市は長岡城をはじめとし、栃尾城や蔵王堂城などの多くの城跡が残されているなど、県指定史跡や文化財等の歴史的遺産が数多く点在している地です。
現在でも残されている文化もあり、山古志南平に所在する山古志闘牛場で行われる牛の角突きもその一つ。
牛の角突きは二頭の牛を突き合わせて戦わせる闘牛の一種で、神事として古くから行われており、なんと1000年以上もの歴史があるのだそう。
現在も毎年5月から11月までの間、月一回のペースで開催されています。

栃倉法律事務所
住所:〒940-1161 新潟県長岡市左近町130-1
服部法律事務所
住所:〒940-1151 新潟県長岡市三和2-10-4
船山法律事務所
住所:〒940-1151 新潟県長岡市三和3-123-15 小野塚ビジネスセンタービル2階

自己破産の相談内容

  • 自己破産だけは避けたい。
  • 借金地獄から抜け出したい。
  • 自己破産以外の解決方法を知りたい。
  • 自己破産のデメリットを詳しく知りたい。
  • 毎月の返済が給料だけでは追いつかない。
  • 自己破産を家族に内緒で対応してもらいたい。
  • 自己破産を行い借金がない生活を取り戻したい。
  • 財産は無いので自己破産の手続きをしてください。
  • ギャンブル依存症で借金が返済できなくなってしまった。
  • 自己破産後の生活が心配で自己破産をする勇気がない。
  • 急なリストラにあい住宅ローンが支払えなくなってしまった。
  • 給料が下がり妻に話せず金融機関からお金を借りて生活費に当ててしまっている。
  • 毎月の返済を行うために他の金融機関から借りて支払っていたがどこの金融機関も貸してくれなくなってしまった。
  • など、自己破産の手続きはもちろん、質問やご相談を受け賜わっています。

    自己破産のメリットとデメリット

    今自己破産のメリットとデメリット

    自己破産のメリットとデメリット

    自己破産のメリット

    1. 借金の返済義務を免除できる。
    2. 金融会社からの督促や強制執行を解除できる。
    3. 無職や生活保護受給者でも手続きができる。
    4. 自己破産後にできた財産は没収されない。
    5. 最低限生活に必要な財産は残せる。

    自己破産のデメリット

    1. 家や土地、車や船など高額な財産は失う。
    2. 信用情報機関に破産記録が登録される。
    3. 官報に名前と住所が掲載される。
    4. 破産手続き中に職業や資格に制限がかかる。
    5. 保証人や連帯保証人に迷惑をかける。

    自己破産をおこなうことで制限されること

    1. 引越しや旅行に制限がかかる

    自己破産をおこなうことで制限されること

    破産者とは、破産手続開始決定が出た債務者を指します。
    破産者は原則として旅行や引越しなどについては、裁判所の許可が下りない限り、できません。
    裁判所の判断になりますが、通常、合理的な理由のあることであれば許可されます。ただし、娯楽目的の旅行などは、当然許可されない可能性が高いでしょう。
    ただし、この制限を受けるのは「管財事件」の場合だけです。
    同時廃止事件は特に制限がありません。
    管財事件では、破産管財人(裁判所が用意した弁護士)が破産者の財産の調査をしますので、破産者は、いつでも破産管財人の質問などに答える態勢でなければなりません。
    なので、裁判所や破産管財人は、破産者の所在を把握している必要があり、そのため居住地から一定期間離れる場合には、裁判所の許可を得る必要があります。
    ※基本的には二日以上の宿泊から許可が必要になります。裁判所によって期間も異なるので、担当の破産管財人や依頼をしている弁護士に相談していただくことをお勧めします。
    ※制限がかかる期間は、「異時廃止」又は「破産手続終結」の決定をだすまでです。

    2. 郵便物を自分で受け取ることができなくなる

    こちらも管財事件に関する制限になります。同時廃止事件には特に制限がありません。破産手続開始決定後、通常は手続が終了するまでの間、破産者宛の郵便物は破産管財人に転送され、破産管財人によって郵便物の内容を確認します。理由は隠している財産や預金などの調査や、債権者などに漏れがないかを破産管財人が確認するためです。
    破産者によっては、一部の債権者を除いて破産申立てをするケースや、解約返戻金を手元に残したくて、一部の保険を申告していない虚偽行為をおこなう人もいます。
    破産手続を公正に終了するためには、債権者・債権額・破産者の財産などを正確に把握しなければなりません。
    なので、その期間中は破産者が自分の郵便物を直接受け取ることができなくなります。(その郵便物は破産管財人から返却してもらうことができます。返却まで多少時間がかかります)。

    3. 一定の職業に就くことができない

    破産手続開始決定が出ると、一定の職業に就くことができません。
    一定の職業に就くことが制限されることを資格制限と言い、制限の対象となる職種を制限職種と言います。

    4. 借り入れができない

    自己破産をおこなうと貸金業者が審査として利用する信用情報機関に登録されます。自己破産をおこなったことが登録されると、ほとんどの貸金業者はお金を貸してくれなくなります。
    ※信用情報機関に登録されている期間は5年~10年です。

    5. 自己破産ができない

    自己破産をおこなってから7年間は自己破産をおこなうことはできません。新たに借金を作り返済に困ったとしても自己破産はできません。正確に言うと免責がもらえません。自己破産をおこなっても免責がおりなければ借金はなくならないので破産手続きをおこなっても意味がありません。2回目の自己破産は当然裁判所からのイメージが悪いので厳しく事情が聞かれることになります。
    ※自己破産や個人再生は何度でもおこなうことができますが、基本的に2回目以降の場合は当然1回目よりも厳しく判断されますので注意が必要です。

    6. 養育費の受取り金額が半分になる

    自己破産をすると養育費の受取り金額が半分になります。
    養育費を受け取る権利は財産に当たりますので、差し押さえの対象になります。
    ただし、養育費の半分は差し押さえ禁止の財産になるので、自己破産をおこなっても半分は受け取ることができます。裁判所の判断によっては、養育費は全額受け取れるケースもあるようです。

    7. 個人再生の給与所得者等再生が7年間できない

    個人再生の給与所得者等再生も自己破産が認められてから7年間は個人再生の給与所得者等再生もできません。

    家族への影響

    自己破産をおこなうことで制限されること

    自己破産する上で一番心配されることは一緒に住んでいる家族のことではないでしょうか? ここでは考えられる家族に起こりえる影響をご紹介します。

    自己破産した場合の家族への4つのデメリット

    1. 破産者名義の持ち家の場合、家を手放すことになり引っ越しが必要になる
    2. 車を手放す必要が高いので車を使った今までの移動が不便になる
    3. 家族(配偶者・子供)が保証人になっている借金については、その家族(配偶者・子供)も債務整理が必要になる
    4. 破産者のカードで家族カードを持っている場合、その家族カードは使えなくなる

    ※自己破産をおこなうことで家族にあまり影響がないことが理解できたと思います。自己破産をおこなう上で心配事や不安に思うことなどは、自己破産を依頼する弁護士に相談してもらうことで解決することができると思います。

    自己破産について詳しく説明しています。参考にしていただければと思います。
    詳細はこちら

    自己破産のご相談を早めにしてもらいたい方

    • 返済が滞っている方
    • 長い間借金を抱えている方
    • 支払いが困難で新たな借り入れをしている方
    • 任意整理では返済できない方
    • 借金をなくして再出発をしたい方
    • 融資が受けられず返済ができない方
    • 自己破産をしたら人生が終わりだと思っている方

    ※自己破産をするほど借金をしてしまったのは仕方がないことだと思います。ただし債権者からすると迷惑がかかることです。一度犯した過ちを繰り返さないように自己破産後はより注意して計画を立てることが大切です。

    お問合せと自己破産の流れ