港区の自己破産 無料診断受付中 | 全国対応で相談は無料 費用の分割払いも可能なベストパートナー

港区で自己破産をお考えなら借金をすべて精算しゼロからやり直す方法をお伝えします。                

当サイトでは、港区で自己破産を考えている方からの無料相談を受け付けています。一人で悩んでいても解決は難しいため、まずは専門家への無料相談から始めてみてはいかがですか。また港区での自己破産に関する口コミなどもご紹介しているので参考にしてみてください。

自己破産について

自己破産をしたことが会社にばれても、それを理由にリストラされることはありません。自己破産は国が認めた債務整理であり、賃貸を追い出される心配もないのです。実際に自己破産をした方は、借金がなくなって生活が非常に楽になったと話されます。貸金業者から取り立てを受けることはなくなりますし、逆恨みされることもありません。
ドラマの世界では自己破産をすると、鍋まで回収されたりしていますが、現実的にはありえないことなのです。生活に欠かせないものはそのまま残せますから、節約生活は必要になるでしょうが生活不能になることはありません。

港区の自己破産に関する口コミ

<女性>女性東京都港区に住んでいる45歳女性で、2年前まで5社のカードローン会社から合計680万円の借金をしていました。自営業だったので借りた当初は返すことが出来ると判断していたのですが、事業が失敗し収入が途絶えたので弁護士にお願いして自己破産手続きをしました。裁判所に提出する書類はすべて担当弁護士が用意をしてくれて助かりました。

<男性>東京港区のそれなりに良い会社で働いていましたが、プライベートでは自慢できるような事はしておらず、競馬・競艇のギャンブル三昧ででした。そのような事が続くわけもなく借金で首が回らなくなり自己破産をしました。仕事も辞めてしまいましたが、自分で選んだので悔いはありません。

<男性>弁護士事務所のサイトには過払い金請求についての記事が載っていることが多いです。偶然その記事を見て使っていた消費者金融のカードが過払いの可能性があることがわかります。
すぐに港区の弁護士事務所に予約を入れて相談にのってもらったところ、かなりの過払い金が戻ってくることがわかり安心しています。弁護士事務所は口コミで高い評価を受けている事務所を選びましたが、過払い金請求がスムーズに進んだのでさすがだと感心しています。

港区の弁護士事務所一覧

昭和22年3月15日、それまでの芝区・麻布区・赤坂区の旧3区が統合され、港区が誕生しました。この統合にあたり、旧3区は新たな区名として「城東区」と「東港区」を構想し、協議の結果、東京港の発展に新区の成長を願うという意味を込め「東港区」を選定しました。しかし、「東京都東港区」では、音が重なるとの意見が出たことから「港区」に改められ、旧3区の議決を経て、新区の名称「港区」が正式に誕生しました。

芝愛宕法律事務所
〒105-0002 東京都港区愛宕1-6-7 愛宕山弁護士ビル606
瀬川健二法律事務所
〒105-0002 東京都港区愛宕1-6-7 愛宕山弁護士ビル608
原山法律事務所
〒105-0002 東京都港区愛宕1-6-7 愛宕山弁護士ビル6階

港区での自己破産 お問い合わせ

  • 無料相談イメージ

    1.無料相談

  • 借入金再計算イメージ

    2.借入金の再計算

  • 交渉イメージ

    3.金融業者との直接交渉

  • 今後の返済方法について説明イメージ

    4.今後の返済方法についての説明