磐田市の自己破産の無料相談はベストパートナー

終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。自己破産はゼロから新しい生活をやり直すための法的手段です。
終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。自己破産はゼロから新しい生活をやり直すための法的手段です。

当サイトでは、磐田市で自己破産を考えている方からの無料相談を受け付けています。一人で悩んでいても解決は難しいため、まずは専門家への無料相談から始めてみてはいかがですか。また磐田市での自己破産に関する口コミなどもご紹介しているので参考にしてみてください。

受付時間 10:00~20:00

自己破産について

自己破産のメリットについてはよく知られており、借金が帳消しになって、人生の再スタートを切ることができることが最大のメリットになっています。大きな額の借金であっても、自己破産の免責が裁判所で認められれば、債務免除が認められることになります。
メリットが大きい自己破産ですが、同時にデメリットもあります。自己破産後、住宅ローンや自動車ローンが組めなくことが代表的なデメリットで、家族がいる場合や仕事で車が必要な人の場合は自分以外にも影響が出ることになります。また、クレジットカードを作ろうとしても、審査がおりません。

磐田市の自己破産に関する口コミ

<男性>自己破産を行って生活を立て直しました。すでに債務がかさんで借金で借金を返す自転車操業に陥っていました。債務の額も、さすがに任意整理をしても払えない状態となっていたので、自己破産をしました。自己破産は、地元静岡県磐田市の弁護士に相談をして、代理人として手続きをしてもらいました。何とか免責決定萌えられて、問題を解決してm路あえて助かりました。

<男性>磐田市には簡単な手続きをすることで気軽に借入することができる消費者金融が多数あり、ついつい借りすぎてしまい、借金返済に困ってしまいました。
一人で困っているときに知り合いの弁護士に相談した時に、自己破産をするように勧められてすぐに手続きを頼みました。
思っていたよりも簡単な手続きによって借金がキレイになり感謝しています。

<男性>磐田市にある弁護士相談事務所にて自己破産の手続きに関する相談が無料でできると聞いたので、相談しに行きました。個人情報の保護は徹底しており、私の個人的な情報は徹底的に外部に漏らされないよう配慮してもらえました。

<男性>会社の倒産で収入が途絶えたので、借金の対応を磐田市の弁護士に相談しました。処分の対象になるような財産も現金も残っていないこと、借金の用途が不正なものではないことから、自己破産が適切だと言われたので利用しました。賃貸物件に住んでいたので影響が気になりましたが、相談したときに説明されたように、そのまま住み続けられたので良かったです。クレジットカードが使えないデメリットはありますが、返済に追われ続けるよりもずっと良いです。

磐田市の法律事務所、司法書士事務所一覧

静岡県磐田市は、静岡県西部地区に位置する人口約16万人の市です。市内にはJR東海道本線が乗り入れていて代表駅としては、磐田駅となります。音楽楽器メーカーであるヤマハがあり、ピアノが製造されています。住宅街の中には「イオンタウン」という大型のショッピングモールもあり買い物がしやすい地域です。この地域の特産品はシラスやうなぎです。

司法書士こばやし事務所
住所:〒438-0834 静岡県磐田市森下337−3
司法書士大橋宗一事務所
住所:〒438-0821 静岡県磐田市立野1329
山本洋司法書士事務所
住所:〒438-0086 静岡県磐田市見付2753−2

自己破産の相談内容

  • 自己破産だけは避けたい。
  • 借金地獄から抜け出したい。
  • 自己破産以外の解決方法を知りたい。
  • 自己破産のデメリットを詳しく知りたい。
  • 毎月の返済が給料だけでは追いつかない。
  • 自己破産を家族に内緒で対応してもらいたい。
  • 自己破産を行い借金がない生活を取り戻したい。
  • 財産は無いので自己破産の手続きをしてください。
  • ギャンブル依存症で借金が返済できなくなってしまった。
  • 自己破産後の生活が心配で自己破産をする勇気がない。
  • 急なリストラにあい住宅ローンが支払えなくなってしまった。
  • 給料が下がり妻に話せず金融機関からお金を借りて生活費に当ててしまっている。
  • 毎月の返済を行うために他の金融機関から借りて支払っていたがどこの金融機関も貸してくれなくなってしまった。
  • など、自己破産の手続きはもちろん、質問やご相談を受け賜わっています。

    自己破産のメリットとデメリット

    今自己破産のメリットとデメリット

    自己破産のメリットとデメリット

    自己破産のメリット

    1. 借金の返済義務を免除できる。
    2. 金融会社からの督促や強制執行を解除できる。
    3. 無職や生活保護受給者でも手続きができる。
    4. 自己破産後にできた財産は没収されない。
    5. 最低限生活に必要な財産は残せる。

    自己破産のデメリット

    1. 家や土地、車や船など高額な財産は失う。
    2. 信用情報機関に破産記録が登録される。
    3. 官報に名前と住所が掲載される。
    4. 破産手続き中に職業や資格に制限がかかる。
    5. 保証人や連帯保証人に迷惑をかける。

    自己破産をおこなうことで制限されること

    1. 引越しや旅行に制限がかかる

    自己破産をおこなうことで制限されること

    破産者とは、破産手続開始決定が出た債務者を指します。
    破産者は原則として旅行や引越しなどについては、裁判所の許可が下りない限り、できません。
    裁判所の判断になりますが、通常、合理的な理由のあることであれば許可されます。ただし、娯楽目的の旅行などは、当然許可されない可能性が高いでしょう。
    ただし、この制限を受けるのは「管財事件」の場合だけです。
    同時廃止事件は特に制限がありません。
    管財事件では、破産管財人(裁判所が用意した弁護士)が破産者の財産の調査をしますので、破産者は、いつでも破産管財人の質問などに答える態勢でなければなりません。
    なので、裁判所や破産管財人は、破産者の所在を把握している必要があり、そのため居住地から一定期間離れる場合には、裁判所の許可を得る必要があります。
    ※基本的には二日以上の宿泊から許可が必要になります。裁判所によって期間も異なるので、担当の破産管財人や依頼をしている弁護士に相談していただくことをお勧めします。
    ※制限がかかる期間は、「異時廃止」又は「破産手続終結」の決定をだすまでです。

    2. 郵便物を自分で受け取ることができなくなる

    こちらも管財事件に関する制限になります。同時廃止事件には特に制限がありません。破産手続開始決定後、通常は手続が終了するまでの間、破産者宛の郵便物は破産管財人に転送され、破産管財人によって郵便物の内容を確認します。理由は隠している財産や預金などの調査や、債権者などに漏れがないかを破産管財人が確認するためです。
    破産者によっては、一部の債権者を除いて破産申立てをするケースや、解約返戻金を手元に残したくて、一部の保険を申告していない虚偽行為をおこなう人もいます。
    破産手続を公正に終了するためには、債権者・債権額・破産者の財産などを正確に把握しなければなりません。
    なので、その期間中は破産者が自分の郵便物を直接受け取ることができなくなります。(その郵便物は破産管財人から返却してもらうことができます。返却まで多少時間がかかります)。

    3. 一定の職業に就くことができない

    破産手続開始決定が出ると、一定の職業に就くことができません。
    一定の職業に就くことが制限されることを資格制限と言い、制限の対象となる職種を制限職種と言います。

    4. 借り入れができない

    自己破産をおこなうと貸金業者が審査として利用する信用情報機関に登録されます。自己破産をおこなったことが登録されると、ほとんどの貸金業者はお金を貸してくれなくなります。
    ※信用情報機関に登録されている期間は5年~10年です。

    5. 自己破産ができない

    自己破産をおこなってから7年間は自己破産をおこなうことはできません。新たに借金を作り返済に困ったとしても自己破産はできません。正確に言うと免責がもらえません。自己破産をおこなっても免責がおりなければ借金はなくならないので破産手続きをおこなっても意味がありません。2回目の自己破産は当然裁判所からのイメージが悪いので厳しく事情が聞かれることになります。
    ※自己破産や個人再生は何度でもおこなうことができますが、基本的に2回目以降の場合は当然1回目よりも厳しく判断されますので注意が必要です。

    6. 養育費の受取り金額が半分になる

    自己破産をすると養育費の受取り金額が半分になります。
    養育費を受け取る権利は財産に当たりますので、差し押さえの対象になります。
    ただし、養育費の半分は差し押さえ禁止の財産になるので、自己破産をおこなっても半分は受け取ることができます。裁判所の判断によっては、養育費は全額受け取れるケースもあるようです。

    7. 個人再生の給与所得者等再生が7年間できない

    個人再生の給与所得者等再生も自己破産が認められてから7年間は個人再生の給与所得者等再生もできません。

    家族への影響

    自己破産をおこなうことで制限されること

    自己破産する上で一番心配されることは一緒に住んでいる家族のことではないでしょうか? ここでは考えられる家族に起こりえる影響をご紹介します。

    自己破産した場合の家族への4つのデメリット

    1. 破産者名義の持ち家の場合、家を手放すことになり引っ越しが必要になる
    2. 車を手放す必要が高いので車を使った今までの移動が不便になる
    3. 家族(配偶者・子供)が保証人になっている借金については、その家族(配偶者・子供)も債務整理が必要になる
    4. 破産者のカードで家族カードを持っている場合、その家族カードは使えなくなる

    ※自己破産をおこなうことで家族にあまり影響がないことが理解できたと思います。自己破産をおこなう上で心配事や不安に思うことなどは、自己破産を依頼する弁護士に相談してもらうことで解決することができると思います。

    自己破産について詳しく説明しています。参考にしていただければと思います。
    詳細はこちら

    自己破産のご相談を早めにしてもらいたい方

    • 返済が滞っている方
    • 長い間借金を抱えている方
    • 支払いが困難で新たな借り入れをしている方
    • 任意整理では返済できない方
    • 借金をなくして再出発をしたい方
    • 融資が受けられず返済ができない方
    • 自己破産をしたら人生が終わりだと思っている方

    ※自己破産をするほど借金をしてしまったのは仕方がないことだと思います。ただし債権者からすると迷惑がかかることです。一度犯した過ちを繰り返さないように自己破産後はより注意して計画を立てることが大切です。

    お問合せと自己破産の流れ

    お一人で悩まず、あなたの身近な法律家へご相談ください

    相談無料「借金専門」法律相談の相談窓口はこちら

    TEL:0120-900-428

    受付時間 10:00~22:00

    無料相談はこちら

    受付時間 10:00~20:00