小樽市の自己破産 無料診断受付中 | 全国対応で相談は無料 費用の分割払いも可能なベストパートナー

終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。自己破産はゼロから新しい生活をやり直すための法的手段です。
終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。自己破産はゼロから新しい生活をやり直すための法的手段です。

当サイトでは、小樽市で自己破産を考えている方からの無料相談を受け付けています。一人で悩んでいても解決は難しいため、まずは専門家への無料相談から始めてみてはいかがですか。また小樽市での自己破産に関する口コミなどもご紹介しているので参考にしてみてください。

自己破産について

自己破産は、借金が大きくなりその支払いができなくなった際に利用できる制度です。裁判所から免責許可を受けることで、消費者金融のショッピングローンや銀行ローン、住宅ローンなど税金を除く全ての債務が免除されるほか、家賃や光熱費等の滞納、連帯保証人としての支払い義務も免除されます。自己破産手続きは弁護士や司法書士を通して行うのが一般的で、債務者の負債額、収入や資産など総合的に見た上で支払い能力を判断し、申告から免責許可を受けるまでの手続きを行います。自己破産により一定額以上の財産を失うことになるものの、裁判所が定める最低限の財産は手元に残すことができます。依頼費用は比較的安く、分割払いも可能です。自己破産によって家族に迷惑がかかることがないなど利用メリットが大きい制度です。

小樽市の自己破産に関する口コミ

<男性>必死になって働き借金を返そうと奮闘していたんですが体調を急に崩してしまい収入がなくなってしまったので自己破産の相談を北海道小樽市の弁護士にしました。自分的には自己破産をして良かったと思っています。返済し続けなければいけないというしがらみから解放され気持ちが楽になりました。借金の悩みがつきない知り合いに教えてみます。

<男性>小樽市の法律事務所で自己破産の依頼をしました。良心的な弁護士だったので、費用はかなり安く抑えられましたし、分割にも対応していたのです。それまで問題なく返済できていましたが、仕事を失うことで急に返済が厳しくなりました。自己破産は他人事だと思っていましたが、借金をしている以上は誰しも債務整理をする可能性はあると思います。

<男性>北海道小樽市に住む会社員です。若い頃から地方競馬のファンで、週末になると場外馬券売り場に足を運ぶ生活が続いていましたが、給料の多くをつぎ込んでしまい、複数の貸金業者に多額の借金を作り、返済が困難になりました。知人から自己破産という方法があることを聞き、弁護士に依頼し、借金苦から逃れることができました。

<男性>小樽市で自己破産をして、多額の借金を整理して人生を一からスタートしました。破産後は借金がゼロになるので、各社への返済はすべて不要になります。当初は金融機関別に行うものだと考えていましたが、自己破産とは金融機関はもちろん親族・友人などからの借金もすべてまとめて整理する方法だそうです。弁護士に依頼をしてから取立てはすぐにストップし、毎月の支払いも不要になりました。弁護士報酬は30万円以上と少し高額ですが、分割が可能なのでローン返済と比べて負担は軽いものです。

<男性>30歳のときに勤めいてた商社をやめて独立しました。小樽市で、自分で会社を立ち上げるためです。最初の3年間は死に物狂いで仕事に取り組みました。おかげで得意先の数も売上金額も増え、順調に拡大を続けていったのです。そんな矢先、大手の得意先からの契約が突然に打ち切られました。思いも寄らぬことですし、原材料はすでに仕入れてありますので無駄になります。これではやっていけないというので、会社は清算することにしました。そして会社の連帯保証人になっていた私も、自己破産に追い込まれたのです。ただこれで私の債務は消えましたので、経済的には楽になりました。

小樽市の弁護士事務所一覧

小樽市は北海道西海岸にある都市で周りは自然豊かな環境であり海・山・坂などに囲まれております。自然豊かなこともありますので、観光客も多く来るまちになります。春はハイキングで、夏は海水浴、秋は紅葉、冬はスキーというように年間を通して楽しむことが出来ます。

司法書士池田賢事務所
〒047-7002 北海道小樽市花園2丁目4−6
司法書士法人レラ・カンテ
〒047-0032 北海道小樽市稲穂2丁目6番3号 太陽生命小樽ビル6階
司法書士荒内亮事務所
〒047-7002 北海道小樽市花園2丁目8−18

小樽市での自己破産 お問い合わせ

  • 無料相談イメージ

    1.無料相談

  • 借入金再計算イメージ

    2.借入金の再計算

  • 交渉イメージ

    3.金融業者との直接交渉

  • 今後の返済方法について説明イメージ

    4.今後の返済方法についての説明