江別市の自己破産 無料診断受付中 | 全国対応で相談は無料 費用の分割払いも可能なベストパートナー

江別市で自己破産をお考えなら借金をすべて精算しゼロからやり直す方法をお伝えします。                

当サイトでは、江別市で自己破産を考えている方からの無料相談を受け付けています。一人で悩んでいても解決は難しいため、まずは専門家への無料相談から始めてみてはいかがですか。また江別市での自己破産に関する口コミなどもご紹介しているので参考にしてみてください。

自己破産について

自己破産のメリットを一言であらわすと、借金がゼロになることです。ビジネスローンなどを借りている場合、個人事業主や中小企業、零細企業の経営者などが個人として保証人になることを求められるケースが多く、事業の失敗が個人の破産につながることがあります。
自己破産は、このようなケースにおいて、最後の救済策になっており、借金額がどれだけ大きくても、帳消しにできるメリットがあります。ただし、パチンコなどのギャンブルで発生した借金などについては、裁判所から免責の許可がおりない可能性があるため、すべての借金に使えるわけではありません。

江別市の自己破産に関する口コミ


自己破産をしないといけない状況になりましたが、自分で手続きを進めるのは精神的にも大変で困っていました。北海道の江別市で、弁護士の方と出会い不安に感じていたことも聞いてもらいました。自己破産で生活がどうなってしまうのかと思っていましたが、的確なアドバイスももらえて心強かったです。手続きもスムーズにでき良かったです。

江別市の弁護士事務所一覧

江別の地名の由来は、アイヌ語の「ユベオツ」(サメのいる川)や「イ・プッ」(大事な場所への入口)など多くの諸説あります。 明治4年、宮城県涌谷領から21戸76人の農民が、江別の対雁(ツイシカリ) に入地し、明治11年には屯田兵10戸56人が移住してきました。同年、明治政府による開拓使府令が布達され江別村が誕生、その後、各地から屯田兵が入地することで、各地域毎に計画的な開拓がすすめられました。大正5年に町制施行、昭和 29年には市制が施行され江別市が誕生しました。 その後昭和30年代後期から40年代にかけて、札幌市への人口集中の影響を受け、隣接する江別市でも人口が急増しました。また、文京台地区の大学、その他教育・研究施設の立地、第一工業団地の整備などにより道央圏の中核都市となり、今日まで発展を続けて参りました。 平成3年には、人口 10万人を達成し、平成16年には市制施行50周年を迎えました。

司法書士清水崇史事務所
〒069-9080 北海道江別市野幌寿町16−2
弁護士法人江別法律事務所
〒069-0813 北海道江別市野幌町76-29 ラインビル2階
司法書士すずかぜ合同事務所
〒069-0824 北海道江別市東野幌本町3番地10

江別市での自己破産 お問い合わせ

  • 無料相談イメージ

    1.無料相談

  • 借入金再計算イメージ

    2.借入金の再計算

  • 交渉イメージ

    3.金融業者との直接交渉

  • 今後の返済方法について説明イメージ

    4.今後の返済方法についての説明