山梨県で個人再生の法律相談に強い弁護士を紹介

終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。個人再生。家族に知られずに借金問題を解決
終わらせることができます。借金の返済を中心に考える生活。個人再生。家族に知られずに借金問題を解決。

山梨県の方が選ぶ「個人再生」に強い弁護士・法律事務所

山梨県は宝飾品が有名です。
水晶の産地として栄え、宝飾の研磨加工の技術が洗練されていき、今では全国シェアの3分の1を占めています。
水晶原石が枯渇された今でも、ジュエリー関係の業者は山梨県に多くあります。
貴金属の鑑定機関もありますし、品質は確かなものです。
最近では若手の育成にも力を入れているとのことです。
新しいアイディアも取り入れられ、山梨県のジュエリー技術が向上されているようです。
そんな山梨県でも借金に悩んでいる人からのご相談に応じています。
長年、借金の返済を続けていても、なかなか返済が終わらないという場合は、返済の方法を見直す必要があるのかもしれません。
個人再生は大幅に借金を減額できるので、個人再生について相談してみてはいかがでしょうか。
ベストパートナーに登録している弁護士や認定司法書士は、厳しい審査をクリアした厳選された先生や事務所だけを掲載しています。
完済を目指して、良い解決方法を見つけていきましょう。

受付時間 10:00~20:00

個人再生をおこなう上で、多くの方が気になる部分を説明させていただきます。
個人再生の「メリットやデメリット」「家族への影響」は、多くの方が不安で気になっている部分です。
ここでは、個人再生をご検討している方に少しでも不安をなくしていただく為に、正しい知識を身に付けていただき、個人再生をおこなっていただきたいと思います。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット

1.支払いの督促がなくなる
2.債務金額が大幅に少なくなる可能性
3.住宅ローンが残っている住宅を手放さずにすむ可能性がある
4.財産を残せる可能性
5.借金の理由が問われない
6. 資格制限がない
7. 免責不許可事由がない
8.破産しないで済む
個人再生のメリット詳しくはこちら

個人再生のデメリット

1.信用情報機関に傷がつく
2.残債が残る
3.官報に掲載される
4.連帯保証人が付いている借金は連帯保証人に請求がいく
5.費用がかかる
6.個人再生の手続きは複雑
7. 特定の債務を手続き対象から外せない
個人再生のデメリット詳しくはこちら

個人再生で家族が受ける影響

個人再生の手続きは、住宅ローン以外の借金を大幅に減額することができるので、多重債務者にとって、とても有効な債務整理の方法ですが、個人再生をおこなう上で気になるのは家族への影響ではないでしょうか。ここでは個人再生をおこなうことで、家族に起こり得る影響を説明します。

家族への影響はほとんどありません。

※個人再生は自己破産と違い、必ず住宅や車などの財産を失うわけではありません。また、住宅ローン特則を使うことで、住宅ローンの残債がある住宅は、住宅ローン以外の借金を大幅に減額できる為、住み続けることが可能になります。
ただし、再生計画案を実行する為に、財産処分を余儀なくされるケースもあります。
個人再生の詳しい内容はこちら

家族に影響が出てしまうケース

1.家族の誰かが保証人になっている債権がある場合

個人再生も自己破産同様、全ての債権者を包み隠さず申告しなければなりません。任意整理と違い、債権先を選んで債務整理することはできません。例えば、奥様を保証人に付けてアコムから借りた借金がある場合、個人再生をおこなうとアコムは奥様に対して一括返済を求めます。そうなると奥様がアコムへ一括返済するか、出来ない場合は何かしらの方法で債務整理をおこなうことになります。

2.車のローンが残っている場合

車のローンも債権(借金)になります。
個人再生は住宅ローン以外の全ての借金が対象になるので、ローンが残っている車は手放すことになります。今まで、その車を使って買い物や通学・通勤に使っていた場合、車がなくなることで家族に不便をかけることになります。
※車のローンが残っていても借りている契約内容によって、車を残せる場合もあります。
ローン会社名義になっている車は、個人再生の手続きをおこなうと、そのローン会社に車を引き上げられますが、銀行や信用金庫から借りて、車の所有権が個人再生をおこなう本人名義の場合、車を残せる可能性があります。

3.家族カードが使えなくなる

家族カードが個人再生をおこなう人の名義の場合は、その家族カードは使えなくなります。
個人再生をおこなう人の名義以外で、その家族の方が個人的に作っているカードは、今まで通り利用することができます。

4.官報に個人再生の事実が掲載される

個人再生をおこなうと官報に住所が掲載されます。基本的には、一般の人が購読している話は聞きませんが、個人再生をおこなった事実が官報に掲載されることになります。

※ご覧いただいたように、家族や身内の誰かが個人再生をおこなったとしても、保証人になっていない限り、影響は少ないと判断できます。

※個人再生は借りている条件や債権先、財産や毎月支払える金額によって、出来ること、出来ないことがあります。自分自身で個人再生をおこなうことも可能ですが、やはり弁護士などの専門家を間に入れておこなうことで、失敗のない個人再生に繋がると思います。
ペストパートナーに登録している弁護士や司法書士は借金問題が得意で経験豊富です。相談料など無料で対応しているところもありますので、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

個人再生のご相談を早くされたほうが良い方

  • 住宅ローン以外に借金があり返済に困っている方。
  • 多額の借金があり返済の目処が付かない方。
  • 借金を大幅に減らしたい方。
  • 借金の減額や月々の返済額を減らしたい方。
  • 住宅を手放したくない方。
  • 返済を諦めていない方。
  • 理由があって自己破産を避けたい方。

※個人再生は自己破産を避けたい方や自己破産の手続きが難しい方に最適な解決方法です。個人再生が適用できるかは、借金の金額や生活状況によって判断します。
任意整理と比べると用意する書類も多く、とても複雑な債務整理の方法になりますが、借金は大幅に減額されます。
個人再生は複雑な手続きになりますので、専門家に頼りご相談していただくことをお勧めします。

お問合せと個人再生の流れ

お問い合わせと個人再生の流れ お問い合わせ、ご相談、受任後和解へ お問い合わせと個人再生の流れ お問い合わせ、ご相談、受任後和解へ

苦しい返済からの解放。
面倒な手続きは全てお任せください。