自己破産コラム | 債務整理や借金トラブルの相談ならベストパートナー

自己破産とは?

自己破産と聞くとなんだか不吉な言葉に聞こえるかもしれませんが、法的に認められた措置であり返済不能な額の借金をお持ちの方にはメリットもあります。自己破産の手続きを行う場合、裁判所に破産申立書を提出し、免責許可をもらうことで全ての支払い義務が免除されます。

さらに、手続き開始後は債権者による給料の差し押さえ等ができなくなり、また定められた範囲以下の財産は手元に残しておくことができます。このような手段をとる場合に心配事として、家族への影響が考えられますが、保証人になっていない場合迷惑がかかることもありませんし、ローンを組む場合にも悪影響はないと言われています。しかし、自己破産を行うことで、もちろんデメリットも発生します。その一つが、申請後約5〜10年間はいわゆるブラックリスト入りの状態であるため、借入が一切できなくなります。

さらに、その手続きを行った場合、住所氏名が官報に掲載されてしまうため、見ている人には自己破産手続きを行ったことがすぐにわかってしまいます。そして、申請から免責決定を受けるまでの間、警備員や士業などの一部の職種に限っては就職できないところもあります。自己破産手続きはこのようなメリット、デメリットがあるためこれらをよく検討した上で申請を行うようにしましょう。

自己破産のメリット・デメリット

債務整理の一つである自己破産のメリットは、借金の支払い義務が全てなくなることです。裁判所に申し立てて認められれば、たとえ数億円の債務があったとしても、支払いは免除されます。自己破産をすれば、全て債務から解放されて、人生をやり直すことができるのです。また、裁判所に申し立てた時点で、債務の取り立ては停止されます。苦しい取り立てから解放されるのも、メリットの一つと言えるでしょう。反対に自己破産のデメリットは、一定の財産を全て失ってしまうことです。

不動産や株券などの資産から、自動車などの生活に必要なものまで、決められた金額以上の財産は没収されてしまいます。また、一定の金額を超える預貯金も、募集される財産の対象です。ですから、自己破産後は自分の財産が、ほとんどない状態になります。悪影響は財産だけでなく、仕事にも及ぶ影響があります。自己破産をすると、特定の職業に就いたり資格を停止、取得を制限されることがあります。

その結果、財産だけでなく現在の仕事も、失う可能性があるのです。他には引越しや旅行の制限、クレジットカードやローンが組めなくなるなど、様々な悪影響があります。債務の支払い義務を免除される反面、生活の様々な場面で影響を受けるのです。

  • お電話での無料相談はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら