借金返済・債務整理の総合相談するなら全国対応・無料相談のベストパートナー

借金返済でお悩みの方

借金問題は専門家に相談しましょう

借金返済でお困りの方へ

借金問題は誰もが抱える問題です。
借金返済に追われる生活から解放されませんか!?
賢い返済方法と無理のない返済方法を無料でアドバイス!!
1人で悩まず、お気軽にご利用ください‼

借金返済や借金問題に悩んでいる方へのご挨拶

ベストパートナーでは借金を抱え、借金返済や、借金問題に悩み苦しんでいる方が、お気軽にご相談できる、身近な借金問題の相談所を目的としています。
借金を抱えていることを家族や親戚、友人や会社の人など、身近な存在の方に相談することはとても勇気がいりますし、専門知識がないと解決方法を見出すのはとても難しいことです。

そのような方たちが、気軽に解決方法を知りえることで、多くの方の生活破綻を防げると信じています。

借金の解決方法は、その方によってさまざまな方法があります。

取引が長ければ過払い金請求を利用して借金をなくす方法を取り入れます。

取引が短くても任意整理によって毎月の利息をカットしてもらい、借りている借金だけを分割払いで支払う方法もあります。

住宅ローンを組んでいる方は、住宅を手放さずに住宅ローン以外の借金を大幅に減額して支払う民事再生を応用します。

過払い金請求をしても、任意整理をしても、とてもじゃないけど返済できない方は自己破産を応用して借金を解決します。

借金に関わるご相談は全て無料です。全国対応なので多くの方からご相談頂いています。

借金返済に行き詰りそう、行き詰ってしまった。借金返済に悩み苦しんでいる方、お気軽にお問合せ下さい。

ベストパートナーは竹下司法書士事務所(東京司法書士会所属)がお問合せの窓口となっております。

当然、守秘義務がありますので、ご相談内容が外部に漏れてしまうご心配はありません。

借金をしてしまう理由

借金をしてしまう理由

現代の生活をエンジョイする為には、借金を抱えている方が殆どだと思います。マイホームを手に入れることやマイカーを購入するにしても、多くの方が一括払いで購入するのは難しく、住宅ローンを組んだり、マイカーローンを組んだり、借金をして購入する世の中です。

ちょっと高価な物、例えば、バックや洋服、アクセサリーや時計などを購入するにも、カードを使ってリボルビング払いや分割払いを使って購入したり、消費者金融からお金を借りて購入したりする人が多く存在します。

欲しい高価な物を諦めることなく、分割で購入することができるので、とても良い世の中だと思います。

しかし、欲に任せてローンを組んで、簡単にお金を借りることができるので、安易に借金をしてしまい、自分の返済能力に気が付かず、多重債務者へと陥る人は多く存在します。

また、しっかりと借金返済の計画を立てた人も、急な減給やリストラにあい、借金の返済が追いつかなくなり多重債務者へと陥ってしまう方も多く存在します。

多重債務者とは

毎月の収入から生活費を差し引いて、残ったお金があなた自身の返済能力になります。その返済能力以上に毎月訪れる借金の支払い金額が多いと、必然的に借金の返済ができなくなります。そのような方を多重債務者と呼びます。

現代では、多くの方がクレジットカードを利用して買い物をし、生活をエンジョイする為に消費者金融からお金を借りている方が大変多く存在しています。
自分は大丈夫だと油断していると、あっという間に多重債務者に陥ることになるので、借金返済の計画を十分に立て、お金を借りることや、ローンを組むことがとても大切です。

借金の返済のために、新たな借金を作り、返済に当てるのは絶対に避けてほしいことなので、支払いが困難になるのが分かり次第、専門家にご相談していただきたいと切に願います。

直ちにご相談したほうが良い方!!

  • 借金をなくしたい方
  • リストラや毎月の収入が下がってしまった方
  • 毎月の収入では借金の返済が減らない方
  • 債務整理の知識がなく返済に行き詰っている方
  • 借金返済に行き詰っている方
  • 何とかなると自分をごまかしている方
  • 複数の金融会社からお金を借りている方
  • 家族や身内に相談できずに一人で悩んでいる方
  • 借金生活から身を引きたいと思っている方
  • 借金がない元の生活を取り戻したい方

※借金問題を一人で抱え込むのはとても危険です。相談料は一切かかりません。お気軽に専門家にご相談ください。

このような方たちから多くのご相談を受け賜わっています!

多くのお問い合わせをいただいています

  • 1.ついつい欲に負け、クレジットカードで買い物を重ねてしまい借金の返済ができなくなった。
  • 2.住宅ローンを組んで購入したが、病気になり仕事を変えることになり収入が下がってしまった。
  • 3.ギャンブルにはまり、ギャンブルで取り戻そうとして、返済できない借金を作ってしまった。
  • 4.悪徳商法に騙され、返済できない借金を作ってしまった。
  • 5.旦那に内緒で借金をしてしまい、返済のために借金を繰り返してしまった。
  • 6.リストラにあってしまった。
  • 7.不景気になり仕方なく借金を作ってしまった。
  • 8.友人や家族の保証人になってしまい、返済できない借金の返済に迫られた。
  • 9.遊ぶために借金をしてしまった。
  • 10.バイト先でトラブルがあったのでバイトを辞め収入がなくなってしまった。

借金を人に言えない理由

借金を人に言えない理由

借金に関する相談は、なかなか他人にはしにくいものです。

「借金=ダメなこと」というイメージが先行しております。

相談相手が「借金」と聞いただけで拒否反応を起こし、それだけで人間関係を壊すこともあります。

自分に対する見栄もあるでしょう。

借金をして困っていると周囲に見られることに、抵抗感を感じる方も少なくないでしょう。

しかし、借金問題は後にするほど解決が困難になります。

延滞利息も膨らんでいき、気が付けば取り返しのつかないことになることもあるでしょう。

借金問題が発生したら、早急に対策を検討する必要があります。

借金返済の対策を考える場合には、誰かに相談することが一番です。

なんとか自分だけで解決しようとしても、なかなかうまくいくものではありません。

状況を冷静に判断できる第三者の視点から、物事を検討する必要があるでしょう。

そこで、借金問題ではどのような先に相談すればいいのか考えてみましょう!

債務整理の種類を身に付けよう!

借金を解決する為の債務整理の方法はいくつかあります。債務整理の知識をある程度身に付けていただくことで、後悔しない債務整理に繋がると思います。

債務整理

債務整理とは一体何でしょうか。任意整理や自己破産なら聞いたことがありませんか。実は過払い金請求、任意整理、自己破産、個人再生など4種類ある借金の整理の方法をまとめて債務整理と言います。

一般的によく聞くのは自己破産ではないでしょうか。自己破産はすべての借金も自分自身の資産も放棄する方法で、かなり大きな借り入れがあり、逆に残した方が良い資産がないときにも用いられる整理方法で、すべての借金を免責できるのですが、デメリットも多いのです。それに対して家などどうしても手放したくない資産を残して整理できる個人再生や、法的な手続きにはならないで、債権者と相談して決める任意整理などもあります。実は過去に利用した消費者金融などの違法金利を過払い金として取り戻す過払い金請求も債務整理のうちに入ります。

この為に過払い金請求でも信用情報にブラック情報として残りますし、少なくとも過払い金請求をした貸金業者にはブラック情報として残りますので、今後は利用できなくなると考えていいでしょう。債務整理は支払い不可能な状態を打開する最も有効な手段ですが、その反面にデメリットもあります。決して安易に行うべきではない選択だと言えるでしょう。

債務整理のメリット・デメリット
債務整理のメリットは、借金を大きく減額できるというところにあります。任意整理をした場合には、将来利息と遅延損害金を全額カットできることが多いです。個人再生をした場合には、借金の金額に応じて元本も大きく減額できます。500万円~1500万円の借金なら、5分の1まで減額できます。自己破産をすると、借金をすべて帳消しにすることができますので、返済義務はいっさい残りません。債務整理のデメリットは、いわゆるブラックリストにのってしまうことです。

およそ5年間はクレジットカードやローンの審査に通らなくなります。任意整理をした場合には、5年が経過すれば信用情報は回復しますが、自己破産と個人再生をした場合には最大で10年間信用情報に記録が残ります。自己破産と個人再生をしたら銀行の審査には10年間影響するので、長い間住宅ローンを組めなくなって人生に大きな影響が出ることもあります。

過払い金請求

過払い金とは、その名の通り払いすぎたお金のことです。主にグレーゾーン金利で借金をしていた場合に、過払い金が発生しています。利息制限法では、10万円未満の借入では20%、10万円以上100万円未満の借入では18%、100万円以上の借入では15%という上限金利が定められています。しかし、改正前の出資法では、上限金利が29.2%と定められていました。利息制限法には罰則がなかったので、出資法にさえ違反していなければ貸金業者は罪に問われることはありませんでした。また、貸金業法では「みなし弁済」の規定があったので、貸金業者は「みなし弁済」にあてはまると主張して、グレーゾーン金利での貸付を行っていました。
しかし、2006年の最高裁判決により、「みなし弁済」がほとんどのケースで否定され、さらに貸金業法や出資法も改正されたので、現在ではグレーゾーン金利の問題はほとんど無くなりました。2007年~2008年にかけて多くの消費者金融が金利を見直しましたので、その後に新規で消費者金融からお金を借りた人は、過払い金は発生していない可能性が高いです。

過払い金請求の時効は10年なので、現在でも過払い金請求は起きていますが、ピークは過ぎていると思われます。

過払い金請求のメリット・デメリット

2006年に最高裁の判決で出資法での上限金利は認められないという判決が下ったため、払いすぎていた分のお金を請求することができるようになったのです。過払い金請求のメリットは、当然のことながら払いすぎていたお金を取り戻せるというところにあります。本来であれば支払う必要のなかったお金ですから、請求しないのはとても勿体ないことです。

また、過払い金請求には時効があり、最期に取引をしてから10年が経過してしまうと請求できる権利が消滅してしまいます。消費者金融などが倒産してしまった場合などにもお金を取り戻すことができなくなってしまうので、早めに請求をする必要があります。過払い金請求をするデメリットは、現在も返済中の場合にはブラックリストに載ってしまうことがあります。これは戻ってきた金額よりも借入している金額の方が大きくて、残額が残ってしまった場合です。それから、過払い金請求をした消費者金融からは今後お金を借りることができなくなるといったデメリットもあります。

任意整理


任意整理をする上で最も注意しなければいけない点は、予め「どのようなリスクが想定されるのかを推測すること」です。たとえば、借金返済をしている間に会社をクビになる、病気にかかってしまう、自ら事業を営んでいる方は事業が停止してしまう事によって、収入が減ってしまうリスクを事前に考慮することが、何よりも必要だということです。

すべてのリスクを正確に把握することはできないにしても、可能な限りのリスクを考慮して任意整理後の返済計画を立てることで、「長期で完済できるような返済プランを構築し、行動に移してしていくこと」を意識しておくだけで、失敗しない任意整理になると思います。過払い金があれば大幅に借金が軽減することもあります。

任意整理後の具体的な事例で申し上げると、同じ50万円の借金返済をする時に、1万円を50回で返済する場合、2万円を25回で返済する場合と5万円を10回で返済する場合を比較していくとすると、それぞれで返済の負担は異なります。
債権者からすると利息が取れないのであれば早く回収して他のお客にお金を貸して利益を生みたいと考えます。専門家が間に入り、十分な返済計画を立てることで、生活が苦しいことにならず借金の返済をすることが可能になります。

任意整理のメリット・デメリット

自分自身で債権者と話をして利息を無くしてもらい、さらに、借金の返済を分割交渉するのは難しいと思います。
専門家に依頼することで費用は掛かってしまいますが、自分自身は借金のことを気にせず仕事に専念することができます。

メリット

借りている借金の利息がなくなります。
200万円の借金を15%の利息で借りていると、年間30万円前後の利息を支払うことになります。なので、利息があると借金はなかなか減りません。
任意整理後はその利息を支払わないで済むので、返済したら返済した分のお金が借金からなくなります。

デメリット

信用情報機関に5年から7年程度事故情報が掲載されるので、他の金融機関からお金を借りることと、ローンを組んで買い物をすることができなくなります。

個人再生(民事再生)

個人再生(民事再生)では住宅ローンの特別条項を利用することで住宅ローンが残っている家を残せる可能性があります。
住宅ローンを組んでいる方以外や、任意整理では支払いが困難な方が、法的手段として民事再生(個人再生)を適用する方がいます。
自己破産ができない方や、任意整理が難しいと判断される方でも、借金問題を解決へと導く方法の一つです。このように、債務整理のうちどの手続きをとるかということが重要になってきます。総合的に判断して一番良い解決方法をとるようにしましょう。

メリット

住宅ローンが残っている場合、住宅を手放さずにその他の借金を5分の1まで圧縮できるので、借金返済が楽になる。

デメリット

消費者金融やクレジットカードが持てなくなり、官報に個人情報が掲載される。

自己破産

自己破産と聞くとなんだか不吉な言葉に聞こえるかもしれませんが、法的に認められた措置であり返済不能な額の借金をお持ちの方にはメリットもあります。自己破産の手続きを行う場合、裁判所に破産申立書を提出し、免責許可をもらうことで全ての支払い義務が免除されます。

さらに、手続き開始後は債権者による給料の差し押さえ等ができなくなり、また定められた範囲以下の財産は手元に残しておくことができます。このような手段をとる場合に心配事として、家族への影響が考えられますが、保証人になっていない場合迷惑がかかることもありませんし、ローンを組む場合にも悪影響はないと言われています。しかし、自己破産を行うことで、もちろんデメリットも発生します。その一つが、申請後約5〜10年間はいわゆるブラックリスト入りの状態であるため、借入が一切できなくなります。

さらに、その手続きを行った場合、住所氏名が官報に掲載されてしまうため、見ている人には自己破産手続きを行ったことがすぐにわかってしまいます。そして、申請から免責決定を受けるまでの間、警備員や士業などの一部の職種に限っては就職できないところもあります。自己破産手続きはこのようなメリット、デメリットがあるためこれらをよく検討した上で申請を行うようにしましょう。

自己破産のメリット・デメリット

債務整理の一つである自己破産のメリットは、借金の支払い義務が全てなくなることです。裁判所に申し立てて認められれば、たとえ数億円の債務があったとしても、支払いは免除されます。自己破産をすれば、全て債務から解放されて、人生をやり直すことができるのです。また、裁判所に申し立てた時点で、債務の取り立ては停止されます。苦しい取り立てから解放されるのも、メリットの一つと言えるでしょう。反対に自己破産のデメリットは、一定の財産を全て失ってしまうことです。

不動産や株券などの資産から、自動車などの生活に必要なものまで、決められた金額以上の財産は没収されてしまいます。また、一定の金額を超える預貯金も、没収される財産の対象です。ですから、自己破産後は自分の財産が、ほとんどない状態になります。悪影響は財産だけでなく、仕事にも及ぶ影響があります。自己破産をすると、特定の職業に就けない、資格を停止、取得を制限されることがあります。

その結果、財産だけでなく現在の仕事も、失う可能性があるのです。他には引越しや旅行の制限、クレジットカードやローンが組めなくなるなど、様々な悪影響があります。債務の支払い義務を免除される反面、生活の様々な場面で影響を受けるのです。

借金の種類と対策

借金といっても、様々なものがあります。銀行などの住宅ローン、消費者金融などのキャッシング、国からの事業資金借入、信販会社の自動車ローン、クレジットカードの割賦代金から、光熱費の支払いも滞ると借金となります。
保証人に対する保証債務も、借金のひとつでしょう。
そして、借金に関する問題も様々な種類があります。
どのような問題で悩んでいるのかによって、対策も異なってくるでしょう。
今、自分がおかれている状況を正確に把握して、確実な対策を考える必要があります。
借金問題には、次のようなものがあります。

金利に関する問題

借金を行う上で一番気にかかるのが金利です。
最近では、金利に関する問題として「過払い金請求」というものが脚光を浴びています。
かつて支払い過ぎた金利を返還してもらおうというものです。
「グレーゾーン金利問題」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
以前の借入金の上限金利が、利息制限法で「20.0%」と定められていたにも関わらず、別の出資法という法律の上限金利「29.2%」で貸付していたことによる問題です。
この2つの法律上の金利の差が「グレーゾーン金利」で、違法と判断されたことにより、支払い過ぎた金利を返してもらおうという裁判が各地で行われています。
また、意外と多いのが「遅延損害金」に関する問題です。
「遅延損害金」とは、返済が遅れた場合の違約金のことですが、借入契約時にきちんと説明を受けずに、不当な違約金を請求されることもあります。

契約に関する問題

遅延損害金以外にも、契約時の説明不足による問題が発生しています。
返済方法、返済方式、返済金額から、最終期限まで、契約内容が自分が考えていたものとは大きく異なることもあるでしょう。
金利に関しては、とくに変動金利においての説明不足が多くあります。
どのような事情が金利を変更させて、どのように返済金額に影響を与えるのかが、きちんと説明を受けずに、契約してしまうのです。
これらの契約に関する問題は、利用者側にも責任があります。
借りることばかりに頭がいって、きちんと契約内容を確認せずに借りてしまうのです。
借金を行う場合には、きちんと契約内容を確認するようにしておきましょう。

返済に関する問題

借金に関する問題で、一番多く、また一番深刻な問題が返済に関することです。
借入したときには思いかけないことで、突然返済できなることもあるでしょう。
返済できなくなると、高い遅延損害金を支払うだけでなく、その後の人生を大きく変えてしまうこともあります。
返済に苦しみ、資産を失い、最悪は自己破産といった状況にもなりかねません。
借金苦で自殺する方も、少なくなったとはいえ、まだまだいらっしゃるのが現状です。
返済できなくなった場合には、すみやかに誰かに相談するようにしましょう。
借入先の金融機関、国や地方公共団体、法テラスや弁護士などの専門家に、事情を説明して対策を共に検討してもらいましょう。
借金、とくに返済に関する問題は相談しにくいものがあります。
しかし、手遅れになる前にすみやかに専門的な知識を持った方のアドバイスを受けることが大切です。

借金、借金返済、借金問題のまとめ

借金問題のまとめ
借金は風邪と同じです。早い段階で医者に行き診察してもらい薬をもらって早く治す人もいれば、出来るだけ我慢して風邪をこじらせ肺炎になってしまう方、周りに病気をうつしてしまい迷惑をかける方もいます。
借金で他の人に迷惑をかけるのは絶対に避けたいと誰もが思うことです。
なので、早い段階で専門家に診てもらうことがとても大切です。
借金は専門家に相談することで迅速に解決できると思います。
諦めずに、お気軽に、ご相談してください!

お問い合わせと借金解決の流れ

  • 無料相談イメージ

    1.まずはお電話かメールでお気軽にお問合せ下さい。全国対応です。相談料は一切かかりません。一人で悩まずお気軽にご相談ください。

  • 借入金再計算イメージ

    2.債務整理や過払い金請求の方法など、貴方にあった手段を無料でご提供とアドバイスをします。

  • 交渉イメージ

    3.ご依頼後、貴方の代りに全力で債権者と交渉をおこないます。

  • 今後の返済方法について説明イメージ

    4.最初に伝えた提案通りの返済金額で和解を組んでいるので無理なく安心して債権者にご返済。