借金返済コラム | 債務整理や借金トラブルの相談ならベストパートナー

借金返済のポイントとは?

借金返済をする上で最も注意しなければいけない点は、予め「どのようなリスクが想定されるのかを推測すること」です。たとえば、借金返済をしている間に会社をクビになってしまったり、病気にかかってしまう、自ら事業を営んでいる方は事業が停止してしまう事によって、収入が減ってしまうリスクを事前に考慮することが、何よりも必要だということです。

すべてのリスクを正確に把握することはできないにしても、可能な限りのリスクを考慮して返済計画を立てることで、「最短で完済できるような返済プランを構築し、行動に移してしていくこと」を意識しておくだけで、借金返済のリスクを大幅に軽減することができます。負債者それぞれが、できる範囲の努力をするだけなので誰にでも可能なことなのです。

具体的な事例で申し上げると、同じ50万円の借金返済をする時に、1万円を50回で返済する場合、2万円を25回で返済する場合と5万円を10回で返済する場合を比較していくとすると、それぞれで返済の負担は異なります。たとえば、1回の借金返済ごとに1000円の利息が発生する状況だとすれば、1万円ずつ返済していく場合には5万円の利息を支払うことになりますが2万円の場合は2万5千円で済み、5万円の場合は1万円で済みます。

細かな利息の違いは計算によって導き出す必要がありますが、共通して言えることは「返済回数が少ないほど利息は少なくなる」ということです。

そして借金返済は、その金額が大きくなればなるほど辛くなってしまいます。
額が大きい場合や利息が高く元金が減らない場合などはまとめたり、借り換えという選択をするポイントになります。

借金返済の手段とは?

借金返済の方法にはいくつかの方法があり、個人の希望によりどの方法でも選択することが出来ます。
各々の方法によって決まりごとやリスクがあるので、返済方法を決める前にそうしたことについて理解しておく必要があります。

一般的には借金返済の方法の種類は現金や財産を使用して支払う方法と、その他の方法があります。
現金支払いは貯蓄や収入の一部を返済に充てる最も一般的に行なわれている方法で、一定の期間をかけて行なわれます。
財産を使用する方法は土地や不動産、高級品などを現金化するか権利を相手に譲渡することで債務支払いの変わりにする方法で、現金で支払うことが困難な場合や一度でまとまった金額を返済したい場合に行なわれます。

どの方法で行なうかは自分の経済状況や相手の希望によって判断する必要があります。

その中で最も一般的な借金返済の方法として知られているのが任意整理です。返済に困窮している債務者の代理人(弁護士や司法書士など)が金融機関と交渉し、債務者の無理のない範囲で返済ができるように分割返済額を調整することとなり、裁判所が間に入らないというメリットがあります。

この任意整理については個人で行うことは基本的に難しいため、法律に詳しい専門家を代理人として行ってもらうことが大切です。もちろん、任意整理という形で借金返済を行っていくことについては、メリットもデメリットもありますので、それらを総合的に判断して決断しましょう。

  • お電話での無料相談はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら